防犯対策

電動シャッターは車庫のみではなくなった

電動シャッターと言えば数年前は、自宅の車庫や駐車場に限られていましたが、現在では、家の各窓にシャッターを付ける方が多くなってきており、その各窓に電動シャッターを付ける方が増えてきています。これは、家の防犯性能を高めたいという方が増えてきているためだと言われています。また、この電動シャッターはボタン一つでシャッターの開閉ができる事が特徴ですが、家に数カ所ある各窓の閉会も全てボタン一つで自動開閉ができるものがあります。朝起きた時や就寝前に一括してこの開閉ができるため非常に便利とされています。 電動シャッターは家の建築後につけることも可能ですが、費用を抑えるためにもできたら、建築時に実施しておきたい事項だと思います。

利用方法と今後の予測

現在では、珍しくなくなった電動シャッターですが、電動シャッターの分野もかなり発展してきています。 例えば、電動シャッターをスマホで可能となるシステムも開発されており、非常に便利になってきています。整備価格も以前はかなり費用がかかるものでしたが、現在は電動シャッターが当たり前の時代となりつつあります。 防犯面では優れていますが、数年前は故障が多く見られる設備としてとらえられており、整備する方も少ない時代がありました。今は電動シャッターの品質も向上し、それほど故障する割合が高い商品とは言えません。今後は、防犯面を向上したいという方のニーズが増えていくことが予測され、今以上に電動シャッターを付ける方が多くなることも想定されます。